6月の3回忌 記念コンサート
6月の3回忌 記念コンサート

4月の若林暢記念公演について

4月の若林暢記念公演について

4月7日(土)
東京都板橋区 安養院瑠璃光堂

主催:一般財団法人若林暢音楽財団

『若林暢に、アルバート・ロトが捧げる』コンサートが今年の1月に企画されて、若林暢の盟友アルバート・ロト氏が、この日若林暢を追悼しました。コンサートは中野雄氏の興味深い、お話と進行で進められ、バッハ/シロティの「オルガンプレリュード」のピアノソロやチャイコフスキーの「偉大な芸術家の思い出に」などのピアノトリオ(Vn.杉浦美知氏 Vc.宮坂拡志氏)の演奏に、聴衆は深く感動しました。この日は、来日中のウィーンフィル首席フルート奏者の、ワルター・アウアー氏が忙しい日程の中を20分ほど立寄って、追悼の気持から若林暢のために「シランクス」を捧げて帰ってゆきました。それは客席の空気が凜とする程、素晴らしい演奏でした。その後に演奏された「偉大な芸術家の思いでに」も、素晴らしい集中力で演奏され、お客様からも「ここに若林暢さんは、絶対に来ていらっしゃると感じられました。何か特別な雰囲気に満ちた、素晴らしい演奏会でした。」と賞賛されました。

hana

4月12日(木)
京都大学 益川ホール

主催:京都大学大学院文化研究科メディア文化学専修

『若林暢に捧げる リュドミラ・ベルリンスカヤ演奏会』は、この日、二公演で開催され、第一公演は、京都大学大学院文化研究科メディア文化学専修の大変贅沢な講義になりました。
作曲家の野平多美氏が、若林暢著作「悪魔のすむ音楽」をテキストに、スクリャービンのピアノソナタ第9番「黒ミサ」を解説しつつ、リュドミラ・ベルリンスカヤ氏が「黒ミサ」を生演奏する、興味深いプログラムでした。リュドミラさんは若林暢との交流について、或いは如何にヴァイオリ二ストとして優れた存在であったかなども語りながら、共演時を偲んで、ショパンのノクターンなども演奏しました。そして京都在住で、ベルリン芸術大学に留学中の、若林暢の生徒の小西真央さんが、リュドミラさんの生徒、工藤セシリアさんと、ヴィエニャフスキ:「ファウスト・ファンタジー」を演奏して拍手喝采され、暢先生に指導を受けた内容なども語りました。第二公演は京都市民に開放されて、リュドミラ・ベルリンスカヤ氏の素晴らしいリサイタルが開催されて多くの観衆を魅了しました。

京都大学 演奏会パンフレット おもて
京都大学 演奏会パンフレット うら
クリックで大きなパンフレットを表示します
朝日新聞2018年4/3より
hana

4月13日(金)
坂東市民音楽ホール
慈光学園60周年記念コンサート

主催:慈光学園

慈光学園は、知的障害をもつ生徒が学び社会活動も行なっている学校です。4年程前から、世界で活躍する演奏家達のコンサートを主催して、地域の人に無料でお聞きいただくクラシックコンサートが企画されて普及活動も行っています。今年は学園創立60周年の記念として、若林暢を偲ぶチャリティコンサートを開催くださいました。平日の夜公演にも拘らず多くのお客様が御来場くださって、リュドミラ・ベルリンスカヤさんの美しいコンサートに観客は魅了されて、本物だけが醸し出す深い感動を味わいました。坂東市民音楽ホールの音響は大変素晴らしく、リュドミラさんも絶賛されていらっしゃいました。アンコールには、慈光学園の生徒とリュドミラさんによる「ふるさと」が演奏されて、和やかな共演で幕を閉じました。様々な賞賛の中で、リュドミラさんは、このホールで慈光学園の人たちと出会えた幸せを、感謝されていらしたことも印象的でした。お人柄も本当に素晴らしい美しい人で、暢さんと気持が通い合ったことももっともです。

茨城新聞2018年4/20より
福祉新聞2018年4/23より
hana

4月14日(土)
柏市 ぼたん寺コンサートⅩⅦ 若林暢を偲んで

主催:観音寺大師講

若林暢は2016年の1月17日、ぼたん寺コンサート「ワルターアウアーと仲間たちシリーズ」に出演いたしました。その時は既に余命宣告を受けて、医師からは演奏会の出演を止められていましたが、抗がん剤治療の合間を選んで演奏活動を続けておりました。「その時のコンサートを聞いた人は若林暢が末期がんで闘病中とは誰一人気がつかない程に、その演奏は素晴らしいものでした。」と主催の戸部ご住職様は当時のことを語っていらっしゃいました。戸部氏は、現在若林暢のCDを応援する会の会長でもあり、この日のお客様の手にはCDと著書が配られてリュドミラ氏の演奏会が始まりました。このコンサートで特筆すべきは、使用されたピアノが、若林暢所有のピアノだったことです。2日かけて大谷照夫氏により調整されてコンサートに使用されました。この日の演奏は、小さなグランドピアノから流れる音楽が余りに素晴らしく、名手リュドミラ氏にしか出来ないことだったかも知れませんが、その音色は本当に素晴らしく驚異的な演奏でした。世界最高峰のスクリャービンと賞賛される彼女の演奏は、若林暢の魂と交換しあうかのような凄みがあり、「黒ミサ」の説得力に聴き手も圧倒されて深い感動を覚えました。若林暢が微笑むパネルの写真は、この上なく輝いていました。

ぼたん寺コンサート 若林暢さんを偲んで チャリティコンサート
クリックで大きなチラシを表示します
hana

4月15日(日)
音楽の友ホール

主催:一般財団法人若林暢音楽財団

若林暢のジュリアード時代に、英語で書かれた博士論文「悪魔のすむ音楽」が、昨年6月に、音楽之友社から出版されました。その著書をテキストに、野平多美氏の解説に導かれて演奏会が進んでゆくレクチャーコンサートが、この日の午後開催されました。ゲストに著書を翻訳された久野理恵子氏をお迎えして、若林暢像を語っていただきました。またリュドミラ・ベルリンスカヤ氏には若林暢のこと、作品についてもお話いただいて聞き手は様々な面で、この作品を堪能できるように工夫された演奏会でした。同時に高い評価を受けているリュドラ氏スクリャービンのピアノ・ソナタ「黒ミサ」の演奏は深い感動を与えました。この日は、若林暢が幼い時から長年指導をした小西真央さんがベルリン芸術大学から。又パリからはリュドミラ氏に指導を受けている工藤セシリアさんが、それぞれ帰国をして、「悪魔のすむ音楽」に掲載されている作品、ヴィエニャフスキの「ファウスト・ファンタジー」を共演し、その後、小西さんは若林暢から学んだことや師への感謝を語りました。若い二人の演奏家も多くのお客様からブラボー!コールが湧き上がり賞賛を受けました。後半のプログラムはリュドミラ氏によるミニリサイタルで、その演奏は圧巻でした。最後のメトネルは若林暢とリュドミラ氏の特別な友情を象徴するかのような神々しい演奏で、鳴りやまぬ拍手にこたえて、リュドミラ氏スクリャービンのプレリュードなどが演奏され4月の最終公演は大好評のうちに終了いたしました。

読売新聞2018年3/31より
若林暢 著書「悪魔のすむ音楽」レクチャーコンサート オモテ
若林暢 著書「悪魔のすむ音楽」レクチャーコンサート ウラ
クリックで大きなチラシを表示します
hana

4月のコンサート
これまでの発売記念コンサートのアーカイブ
若林暢 追悼公演 in NY
年間ランキング1位と2位に
さだまさしさんからのメッセージ
魂のヴァイオリニスト 若林 暢
若林 暢プロフィールはこちら
4月のコンサート
これまでの発売記念コンサートのアーカイブ
若林暢 追悼公演 in NY
年間ランキング1位と2位に
さだまさしさんからのメッセージ
魂のヴァイオリニスト 若林 暢
若林 暢プロフィールはこちら


2017年 若林暢のCDや著作に関する主なメディア情報

 

若林暢のCD 愛奏曲集
CD「ヴァイオリン愛奏曲集」ジャケット
Sony Music Shopで購入
「ヴァイオリン愛奏曲集」

1.クライスラー:美しきロスマリン
2.クライスラー:中国の太鼓
3.パガニーニ:カンタービレ
4.サラサーテ:アンダルシアのロマンス
 
ファリャ:スペイン民謡組曲(コハンスキ編曲)
5.第1曲:ムーア人の織物
6.第2曲:ナナ
7.第3曲:カンシオン
8.第4曲:ポロ
9.第5曲:アストゥリアーナ
10.第6曲:ホタ
 
11.エルガー:愛の挨拶
12.モンティ:チャルダーシュ
13.ラヴェル:ハバネラ形式による小品
 
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲(セーケイ編曲)
14.棒踊り
15.帯踊り
16.踏み踊り
17.角笛の踊り
18.ルーマニア風ポルカ
19.速い踊り
 
20.サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
 
若林暢(ヴァイオリン)
アルバート・ロト(ピアノ)(1・2・5~19)
江口玲(ピアノ)(3・4・20)
 
発売元 : (株)ソニー・ミュージックダイレクト
題字 : さだまさし
Blu-spec CD2

 

若林暢のCD ブラームス
CD「ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集」ジャケット
Sony Music Shopで購入
「ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集」

ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ト長調 作品78 「雨の歌」
Sonata for Violin and Piano No.1 in G major, Op.78
1.第1楽章:Vivace ma non troppo
2.第2楽章:Adagio
3.第3楽章: Allegro molto moderato
 
ヴァイオリン・ソナタ 第2番 イ長調 作品100
Sonata for Violin and Piano No.2 in A major, Op.100
4.第1楽章:Allegro amabile
5.第2楽章:Andante tranquillo ? Vivace
6.第3楽章:Allegretto grazioso
 
ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ニ短調 作品108
Sonata for Violin and Piano No.3 in D minor, Op.108
7.第1楽章:Allegro
8.第2楽章:Adagio
9.第3楽章:Un poco presto e con sentimento
10.第4楽章:Presto agitato
 
若林暢(ヴァイオリン)
キャスロン・スタロック(ピアノ)
 
発売元 : (株)ソニー・ミュージックダイレクト
題字 : さだまさし
Blu-spec CD2

 

若林暢の著作
若林暢 著「悪魔のすむ音楽」
音楽之友社で購入
悪魔のすむ音楽

若林 暢 著 / 久野理恵子 訳  音楽之友社
 
目次
序論
第1章 音楽の中の悪魔~1800年以前
 第1節 概説
 第2節 J.S.バッハ:カンタータ第19番 冒頭の合唱
 
第2章 19世紀初頭の名曲
 第1節 シューベルト:《魔王》
 第2節 ウェーバー:《魔弾の射手》より「狼谷の場」 冒頭
 
第3章 音楽の中のメフィストフェレス
 第1節 メフィストフェレスの歴史
 第2節 リスト:《ファウスト交響曲》の
「メフィストフェレス」の楽章
 第3節 ゲーテの「ファウスト」に基づく他の名曲
  1.グノー:《ファウスト》
  2.ベルリオーズ:《ファウストの劫罰》
  3.ボーイト:《メフィストーフェレ》
 
第4章 死のライトモティーフ「ディエス・イレ」
 第1節 ベルリオーズ:《幻想交響曲》
 第2節 「ディエス・イレ」が用いられた他の名曲
  1.リスト:《死の舞踏》
  2.イザイ:無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番
  3.ラフマニノフ:《パガニーニの主題による狂詩曲》
  4.スクリャービン:ピアノソナタ第9番「黒ミサ」
 
第5章 悪魔の楽器 ヴァイオリン
 第1節 概説
 第2節 パガニーニ
 第3節 タルティーニ:《悪魔のトリル》
 第4節 リスト:《メフィスト・ワルツ》
 第5節 サン=サーンス:《死の舞踏》
 第6節 マーラー:交響曲第4番第2楽章
 第7節 ストラヴィンスキー:《兵士の物語》
結論

 
4月のコンサート
4月のコンサート

投稿日:2017年5月24日 更新日: